I cry to cry

“愛すべき名選手”織田信成の引き際 写真で切り取るフィギュアの記憶

   ↓   ↓   ↓

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201602220049-spnavi



選手の数だけそれぞれの物語がある。笑顔、涙、怒り……こうした表情とともにこれまで多くの名場面が生まれてきた。後世まで脳裏に刻んでおきたいフィギュアスケートの記憶を写真で切り取る。

「織田信成 メダリスト・オン・アイス(2013年)」


予想していたことではあった。前もってこのシーズン限りで引退することを明言していたからだ。ただ、いざその瞬間が訪れると妙に寂しくなった。織田信成はソチ五輪出場権が懸かった全日本選手権で4位に終わり、代表の座を逃した。しかし、四大陸選手権のメンバーに選ばれ、日本で開催される世界選手権にも辞退者が出れば出場できる可能性があったため、シーズンが終わるまで競技を続けるのではないかとひそかに期待していたのだ。

「自分の実力の至らなさで、代表から漏れてしまった。若い選手も強くなってきているし、今が引き際かなと。本当に幸福に満ちあふれたスケート人生でした」


 全日本選手権の翌日に行われた「メダリスト・オン・アイス」で、彼は引退を発表した。涙を流しながら言葉を紡いでいると、共に競い合った仲間たちが彼のもとへ。「今まで頑張ってくれて本当にありがとう」。そんな温かい言葉をかけられたという。長年のライバルであった高橋大輔とは抱擁も交わした。さらに、リンクを下りるときにはアイスショーの出演者がアーチを作って、彼を見送った。彼がいかに愛されていたかが分かるシーンだ。


引退を発表する約3週間前、彼にインタビューをする機会に恵まれた。最初は真面目に競技のことを語っていたが、いつの間にか脱線し、なぜかお笑いの話に。




続きはスポーツナビ公式アプリで読めるそうです!

つまりインストールしろ!ってことなんだけど、、、

すぐします!

今します!



と言うわけで、

スマホに移動してきまーす!



それにしても思い出すと泣けちゃうよ~(涙)








にほんブログ村でランキングに参加しています。

クリックいただけると多くの方に読んでもらえる機会が増えますので、

よろしくお願いします。


   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

by Isaias4008 | 2016-02-25 20:56 | 織田信成選手 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isaias.exblog.jp/tb/24169438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 織田信成とスイーツ教室、大阪で開催 羽生結弦が“殿様”役で映画初... >>



引退された織田信成さんを讃え現役時代同様に応援していくブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
外部リンク
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
検索
ブログジャンル
記事ランキング