I cry to cry

関西大学 織田信成氏講演会「高槻とスケートと私」ツイートまとめ

関西大学高槻ミューズキャンパス祭の織田くん講演会のツイートをまとめております。

皆様のレポートに大変感謝しておりますが、勝手にお借りして申し訳ありません。

アカウント名は入れていませんが、都合の悪い方がおられましたら、お手数ですがコメント欄からお知らせください。

スグに削除させていただきます。

よろしくお願いいたします。







織田くん
のお話は楽しくてあっというま。小さいお子さんからご年配の方まで幅広い層のお客さんで超満員の会場、講演会終了後鳴り響く大きな拍手、地元からも愛されてるのがひしひしと伝わり心温かくなりました。さすが高槻のスターです☆



モモコさんからはパンケーキ食い過ぎ!円さんからは喫茶店入り過ぎ!って突っ込まれてるという話も面白かった!



よ〜いドンのお話も聞けた。オファーが来た時は2度聞きしたとか。不安もあったけど円さんから織田くんの楽しい様にやったらええんちゃう?とアドバイス受けたと。人柄と試行錯誤の甲斐あって織田くんカラーの楽しいロケになってますね!いつも大爆笑で見てます‼︎



ショーは自分の個性をどう見せるかプロデュースする、試合とは違った楽しさ。自分はできれば難しいジャンプを跳びながら表現を見せたい。現役選手のキレのレベルは難しいので追いつける様に頑張りつつ、表現も照明等を生かして頑張ってやりたい。←何を仰いますー!キレも表現も素晴らしいです‼︎



⑦僕は3Aが苦手だったが、上位の選手は3Aを決めていた。当時、ロシアのアンドレイ・グレアゼフ選手の3Aがとても素晴らしかった。GOE+3のつく3Aだと思う。---実演を交えながら5種類のジャンプを説明。FとLzの判定が厳しくなったことも説明。---



⑥世界を視野に入れだしたのは中3の頃。Jr.の頃は日本代表ジャージが嬉しくて誇らしかった。高校にあがってからは自分でオリンピックを視野に入れて練習をしだした。高2の世界Jr.11位の時には上位10位との大きな差を感じた。初めて2ヶ月間カナダのサマーキャンプに参加し衝撃を受けた。



⑤中2で本格的にJr.にあがったが、腕を手術し、反抗期もあり、スケートから離れたいと思って友達と遊んだりしていたが、ある時急にスケートをしたいと感じた。中3で全日本Jr.4位になった。緊張してしまうので地元での試合に弱く、アウェイのほうが強かった。



④毎年夏に醍醐での西日本小中学生の試合で高橋大ちゃんに出会い、話すようになった。あの頃はノブのほうが上手かったよねって今でも大ちゃんに言われる。中1で大阪プールでの全日本Jr.に出場した。地元で知ってる人が大勢応援に来てものすごく緊張して、SPの3つのジャンプ全て失敗し号泣した。



③小5で塾かスケートを選択することになって、勉強が嫌いだったのでスケートを選んだ。当時は女子のスポーツだと思われていた。周りには女子しかいなかった。スカートはいて練習してんの?と言われたりした。全日本ノービスには関西から4人くらい出場したが、全員が全国に進めるような人数だった



②ちゃんと練習しだしたのは小学生の時。初めてジャンプが跳べたのは小1。飽き症なので小2でスケートをやめたいと思った。母がコーチ、姉がフィギュア、兄がアイスホッケーをしていて、自分がフィギュアをしだしたのは自分が選んだ道ではなかったのでイヤになったが、やめさせてもらえなかった。



①初めて氷に乗ったのは3歳くらい。ただ、コーチをしていた母が僕を妊娠中けっこうギリギリまで氷に乗っていたそうで、母のおなかの中にいる時から氷の上に乗っていたことになる。



講演のタイトルは「高槻とスケートと私」だそうです。入場して初めて知った。



㉑最後にこれからの活動について。アイスショーではいい演技をしたい。他の仕事はあまり制限をかけずにやっている。コーチとして小さい子の育成。いつかキスクラに座りたい。織田君の講演会、以上です。



⑳会場の方の質問コーナーで。よい父親の条件は?ここに奥さんもいるので言いにくい(笑)子供たちに誇りを持たれる父。一家の大黒柱としてしっかり働く、子供と一緒に遊ぶ、奥さんと子供を両方大切にする。



⑲の続き→自分がたくさんしゃべってると思われてると思いますが、いっぱい羽生君からしゃべってくる。色々と好みが似ていてふたりとも好きなアニメは「おじゃる丸」



⑲会場の方の質問コーナーで。羽生選手との面白い話は?皆さんにお見せできないような写真もいっぱい撮ってる。アイスショーの移動のバスは「となりに座っていい?」と羽生くんが聞いてきていつも横。



⑱会場の方の質問コーナーで。練習をやめたくなったことは?中3まで何回もある。自分の選んだ道じゃないと思ってたから。自分でやろうと思った時から、思ったことはない。



⑰アイスショーは得意のジャンプを入れてよい。自分の個性をどうプロデュースするか。難しいジャンプを跳びながら、表現も頑張ってやれたらいいなと。



⑯羽生選手とお互いの体重を言いあって、意外と太っているんだねと言われてダイエット頑張ろうと思った。



⑮体重管理について。朝昼晩、体重をはかれるときははかる。決めている体重を超えたらダイエットする。最近よかったダイエットは、食べ方ダイエット。野菜など低カロリーのものからおなかにいれていく。インシュリンをゆるやかにあげていく。



⑭林先生から「今ではスカートはいてやってるだろうとは言われないですよね」織田君は「男子スケートは市民権を得たと思う」



⑬フィギュアの選手で先輩後輩の仲がいいこことについて。先輩後輩のへだたりがない。自分がカナダに初めて行ったとき、気さくに本田選手に話しかけてもらった。先輩たちがいるから、自分たちも和気あいあいとしないとと思う。



⑫スケート靴の靴ひもは、ホックにかけるだけでほとんど結ばない。ゆるくはくのが好き。自分がほかの選手より一番ゆるく結んでいると思う。




にほんブログ村でランキングに参加しています。

クリックいただけると多くの方に読んでもらえる機会が増えますので、

よろしくお願いします。


   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

by Isaias4008 | 2015-06-21 23:29 | 織田信成選手 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isaias.exblog.jp/tb/23304649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ファンタジーオンアイス in... 織田くんのプリンスアイスワール... >>



引退された織田信成さんを讃え現役時代同様に応援していくブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
外部リンク
リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
以前の記事
検索
ブログジャンル
記事ランキング